• HOME

脱毛サロンを同時に2つ以上行くこと

脱毛サロンを同時に2つ以上行くことは全然アリです。掛け持ち禁止の脱毛サロンなんてないので、全く気にする必要ありません。
逆に、掛け持ちをした方がお得にムダ毛の処理ができます。



脱毛サロンによって料金が変わってくるため、価格差を巧みに利用してください。


とはいえ、掛け持ちするとたくさんの脱毛サロンに行くことになるので、労力が必要になります。

最近は駅前など便利な場所に全国展開しているサロンが増えてきています。ただ、私が相談を受けたときには、大手以外のサロンをお薦めすることもあります。店舗が多いことは営業力の確かさの証明ではありますが、スタッフが少なくて来店予約がとりにくかったり、実は、深刻な苦情などがあったりして、契約しない方がよかったと後悔してしまうかもしれません。お店でのサービスの充足と知名度の高さは、完全にイコールであるとは言えないと思います。
大手チェーンだけに絞って探すより対象を広げたほうが、結果的に大きな満足を得ることができます。
脱毛ラボの店舗はどこのお店であっても駅の近くの立地ですので、仕事の後やお買い物ついでに寄っていくことができます。脱毛サロンと聞くと勧誘が凄そうなイメージがあるかもしれませんが、脱毛ラボではしつこい勧誘を禁じていますので通うのに不安になることはありません。



満足しなければ全て返金するというサービスもあるほど納得の効果をあなたに与えられる脱毛サロンです。脱毛エステに通う期間はどれくらいかというと、施術を2から3か月に1回のペースで満足するまで行うので、人によって変わってきます。
6回の施術で満足をすれば、だいたい1年半行くか行かないかぐらいの期間でしょう。一つの部位で12回程度施術をすれば十分だといわれることが多いので、2、3年かかるでしょう。

施術が毛周期に沿ったものでないといけないということで、毎月受けたところでそれほど意味はないことになります。使いやすい脱毛器というと、光脱毛タイプが、肌に照射するライトの強弱を調整できて良いかと思います。
熱処理でムダ毛を焼き切るタイプは肌に近いところが残ってしまいますし、力を加えて抜いたりするのは加減が難しく、直接、肌に与える負担が大きいですし、埋没毛が発生したり、あとから生えてきて、結局は自己処理の繰り返しなのです。発毛抑制効果を考えれば、やはり光脱毛方式。

脱毛サロンのようなプロの施術ほどではありませんが、発毛を抑えてくれるので、使用を続けていくにつれ、ほかの脱毛器とは違った効果があることに気づくでしょう。


出力調整が可能なのも魅力のひとつで、繊細な部分への刺激を少なくしたり、逆に痛みをあまり感じないところは強めの出力で脱毛することもできます。

足の脱毛のために脱毛エステに行かれる場合にはわかりやすい料金プランを設定しているところを選ぶといいですね。それと、施術は何回で終わる予定なのかプランの回数を受けたあと、まだ通う必要があると思ってしまう場合にはどういうふうに対応されるのかも、きちんと理解してから契約してください。足の脱毛は大体6回ほどのコースが主流ですが、施術をしおわった人の一部は肌の状態に満足出来ていないという意見もあります。

電気シェーバーでムダ毛を処理するのは、お肌の負担が軽く、良い方法です。ただ、肌の表面にあるムダ毛処理しかできませんから、すぐに伸びて来てしまって、頻繁に処分しなくてはならないでしょう。

さらに、お肌にノーストレスというわけではないため、お肌が刺激に弱い人は異なる方法で無駄毛処理を行ないましょう。

家庭用脱毛器「LAVIE(ラヴィ)」はIPL光を利用した光脱毛器で、7段階の出力調整が可能です。カートリッジを交換するとフェイシャルエステ器としても使えます。ミドルクラスの価格帯の商品ですが、脱毛と美顔の両方で効果が実感できたという意見もあり、比較サイトでの総合評価も高いので、購入対象として考える価値はあるでしょう。
また、ラヴィは脱毛できる部位が多く、脱毛サロンに行かなくても家庭で手軽にデリケートゾーンの脱毛ができるこの製品は、とくに毛深い方、剛毛だった方はユーザーレビューで、「いままでの機種と違う」、「使える」といった高い評価をしています。



医院にて体中の脱毛をする場合は、約束が法的拘束力を持つ前に体験を受けるように願います。
脱毛の際の痛みに耐えることができそうか本当にその脱毛サロンでいいのか、ご自分で体験し、考えてみましょう。加えて、交通の便や予約することが容易であることも円滑に脱毛を終了するためには大切になります。脱毛するのにワックスを使用する方はなかなか日本では見つけられないかも知れないです。でも、広い世界に目をやればよくやるムダ毛の抜き方です。毛抜きを使って無駄な毛を抜くのに比べ、手間いらずで、ワックスを自作すれば脱毛に掛けなければいけないお金もグッと少なくできますね。

しかし、脱毛時の痛みは避けられないので、痛いのが苦手なタイプなら避けるべきです。

関連記事

メニュー